忍者ブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新記事
    プロフィール
    HN:
    EXE
    性別:
    男性
    自己紹介:

    最新コメント
    [02/15 EXE]
    [01/17 たろ]
    [04/01 UNKNOWN]
    [03/27 EXE@管理人]
    [03/20 のほほん気分]
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    フリーエリア
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    サイト売価
    バーコード
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    58/56

    更新が遅れてすみません。TFの新作ポリ、ブラックコードです。
    名前の通り、非常に真っ黒です。

    PR
    52lbsぐらい?

    だいぶ昔に何度か打ってるのですが、どうも書き忘れてたみたいです(笑
    実はストリング名だとこのサイトのアクセスランキングでダントツの数を誇るストリングです。それほど関心が高いストリングなのでしょう。

    打ってみましたが、評判通りソフトです。なんといっても、やはりこれが1番最初に思い浮かびます。同時にプロラインNO2も張っていたのですが、プロラインがカツンだとするとレッドコードはバスン、という感じです。スピンはそれなりに掛かるのですが、コーティングが独特なため特筆するほどではありません。競合ストリングはポリスターのENERGYだと思います。
    ポリにしてはテンション維持も良かったです。1日目と2日目の打球感の違いがあまり感じられませんでした。唯一欠点を挙げるとすれば、角切れのしやすさですね。1本目は40分でスマッシュの餌食に、残りの数回も結局角切れで最後を迎えました。恐らく、抵抗の大きなコーティングがしてあるせいだと思います。折れ曲がった所を見ると、かなり引っ張られて薄くなっていました。特に角切れのしやすいヨネックスなんかは注意したほうがいいと思います。

    ポリなので、万人に勧められる、という訳にはいきませんが、非常に完成度が高いストリングです。それに、"レッドコード"というだけあってとても目立ちます。注目されたい方は是非(笑

    46/45

    今回はハイデンスパターンのラケットに張ったので、テンションは緩いですが面圧は結構出ています。
    打ってみましたが、非常に柔らかいストリングです。ただ、柔らかさの中にも腰はしっかりあるので、グニャグニャした打球感ではありません。飛びは良い方かな、と感じました。スピン性能は割りと低めにでしょう。ただ、今回張ったのが130だったこともあるので、この点に関しては保留とさせて頂きます。
    耐久性はやはり一般的なマルチと同様でしょうか。ただ、珍しくクロスが擦り切れるタイプではなく、メインがノッチから切れるタイプのようです。

    恐らく、ストリングパターンの粗いラケットの方が合うのではないでしょうか。


    人気ブログランキング参加中です。管理人の気力の種ですので、是非クリックをお願いします。
    1日1回、人気ブログランキングはこちら
    48lbs

    テクニファイバーのマルチ、プロミックスです。
    ポリエステル繊維のマルチという事で、かなり硬めに位置します。モノやポリの硬さとは違い、柔らかいマルチを硬めに張ったような打球感です。特筆すべきは耐久性、抜群です。通常のマルチの5倍以上持つのではないでしょうか。テンションロスも少なめですので、「使える高耐久ストリング」という位置づけで良いでしょう。スピン性能は標準程度、音は高めで透き通っています。

    さすがはテクニファイバー、他社とは違います。
    Copyright © 糸図鑑 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]